ページトップへ

お客様の声 建売が注文住宅のグレードに | | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

お客様の声 建売が注文住宅のグレードに

別府市 A様のリフォーム体験記


 

友人が建てた家を見て、この会社にリフォームしてほしいと思いました

A様はM・ZECの家を建ててくださったN様の親しいお友達でいらっしゃいます。
N様のお家を見られたのがきっかけで、私たちにリフォームを依頼してくださいました。

「Nさんとは熊本大学時代の同級生なんですよ。彼は工学部、私は医学部と学部は違っていたのですが、クラブが航空部でね、そこに妻もいましたから3人は古くからの知り合いなんです。

そのNさんが家を建てたというから見に行ったら、これがすごくセンスのいい家で。「あ、この工務店に頼みたいな」と思ったのですが、うちはリフォームでしょう?やってくれるのかなと思いつつ訊いてみたら、「もちろんです。させて下さい」と言っていただいてね。

だからよそには全く見向きもせず、M・ZECさん一筋で(笑)、お願いすることになりました」

建売住宅だったので、まず構造をしっかり補強

「こ の家は建売だったのを1991年に購入したんです。妻と2人最後に住む家をここにするのか、それとも別の場所に建てるなり買うなりするのか、正直言って少 し迷いました。けれど住み慣れた土地でもあるし、駅や市役所、コンサートホールなどにも近いこともあって、やはりリフォームしようと。

いざ やってみると、かなりスカスカの構造だったことがわかりましてね。石の上に柱がちゃんと乗っていなかったり、入れるべきところに筋交いが入っていなかった り。驚きましたよ。そこはM・ZECさんにがっちり全部補強してもらって、窓も二重サッシにしました。おかげで気密性がとてもよくなりました。

床暖房にしているのですが、あまり使わなくてもいいくらい。冬場でも朝しばらくの間つけておけば、あとはスイッチを切ってもずっと暖かいです。これから年をとることを考えると、いい時にリフォームしたなと思いますね」

建売住宅だったので、まず構造をしっかり補強 建売住宅だったので、まず構造をしっかり補強

根っから大工の仕事が好きなんだな、と思わせる武吉さんの働きぶり

「キッチンは妻の希望で、かなりいいものを入れました。あちこち出歩くよりも、家を一番居心地のいい場所にしたいと言いますし、私もその通りだと思ったものですから。

じつは息子がTOTOに勤めていましてね。妻は東京のショールームに2日間通って、このキッチンを選んだんです。"お正月に息子一家が帰ってくる時に、お嫁さんと一緒におせち料理が作れるように"と言ってね。おかげで毎日台所に立つのが楽しいようです。

今 回新たに離れとウッドデッキも作り、庭もやりかえました。ウッドデッキと庭の緑の塀は大工の武吉さん苦心の作です。武吉さんには細々としたことをずいぶん お願いしたのですが、いやな顔一つせずにしてくださいました。根っから大工の仕事が好きなんだなということが伝わってくる仕事ぶりでしたね」

  根っから大工の仕事が好きなんだな、と思わせる武吉さんの働きぶり

さらに膨らました提案をしてくれるM・ZEC

「妻 が書をやっているせいで、ほかの家には必要ないものが我が家には必要だったりするんです。たとえば大きな額を掛けられるだけの強度をもった壁、とかね (笑)。そういうことをお願いしてもM・ZECさんは飲み込みが早いし融通性がある。"じゃあこうしましょうか"って、さらに膨らませた提案をしてくれる んです。

妻も瀧社長と、奥様で常務の真由美さんをすっかり信頼している様子。二人で話していると時間があっと言う間に経つのだそうです(笑)」

  さらに膨らました提案をしてくれるM・ZEC

終の棲家だからこそ、信頼できる人に任せたい

「リ フォームするにあたって、一番に考えたのは車イスになっても快適に過ごしたいということです。そのためにも元気なうちにリフォームして、生活動線を体に しっかり刻み付けておこうと思いました。コンセントを座ったままで手が届きやすい高さに設置、お風呂やトイレは十分な広さを取り、扉を引き戸にしてもらい ました。万一風呂場で倒れた場合、ドアにしておくと救出が困難だからです。キッチンもやけどの心配がなく、光熱費も節約できるオール電化にしました。

老 後というのは私たちとって、すぐそこに控えている未来です。見ないふりをするのではなく、きっちりと見据えて、楽しく暮らせるように準備をしないとね。だ からこそ、いい加減な業者には絶対に任せたくない。そういう意味で、M・ZECさんに出会えたことは本当にラッキーでした。

話はもとに戻るようですが、M・ZECで家を建てた友人のNさんは、本当に真面目な男なんですよ。彼が選ぶくらいだから、瀧社長は絶対に真面目で誠実な人。それは私が太鼓判を押しますよ。」

終の棲家だからこそ、信頼できる人に任せたい

 

「建売住宅が注文住宅のグレードに。上質な大人の家」

人生の愉しみ方をよく知っている大人の住まい

人生の愉しみ方をよく知っている大人の住まい
人生の愉しみ方をよく知っている大人の住まい。ご主人はドクター、奥様は書家。

使い込まれたデスクがよく似合う寛ぎの空間

使い込まれたデスクがよく似合う寛ぎの空間
和室だった部屋にはチーク材の床が張られ、使い込まれたデスクがよく似合う寛ぎの空間になりました。

芸術家の奥様がこだわった最高級のアイランドキッチン

物語がひそむ庭

ひときわ光彩を放つのは、芸術家の奥様がこだわった最高級のアイランドキッチン、そして物語がひそむ庭。
命がほとばしるような書 ご主人とともに雲の上を翔けるワンダーウーマン
ご主人とともに雲の上を翔けるワンダーウーマン
命がほとばしるような書を為す女性(ひと)は、ご主人とともに雲の上を翔けるワンダーウーマンでもあります。

建売住宅が注文住宅のグレードに。上質な大人の家

ミルクゼリーの飛行機
ミルクゼリーの飛行機はキウイの山を越え、バナナの雲の間を、マンゴーの太陽に向かって、気持ち良さそうに飛んでいくのでした