ページトップへ

外断熱の家 | | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

外断熱の家

 

外断熱の家

 

冬あたたかく、夏さわやか
健康的で暮らしやすい「外断熱工法の家」

「注文住宅を建てたい」という時、たいていの人は鉄筋や石造りではなく、木造の一戸建を思い描くのではないでしょうか。木の文化に育てられた私たち日本人は、木造軸組工法という、素晴らしい家づくりの伝統を踏襲してきました。心にもからだにもなじんだこの方法で、私たちM・ZECも家づくりに取り組んでいます。

しかし、ここで非常に重要なことがあります。それは「断熱の方法をどうするのか」ということです。木造軸組工法の家は、それだけでは冬の寒さや夏の暑さ、湿気、埃、騒音などを防ぐことはできません。省エネルギーで夏も冬も快適に過ごせ、結露やカビに悩まされることもなく、地震や台風にも強い住宅。そんな住宅をつくるには、どうしても「断熱」という方法が必要になってきます。

ご存知の方も多いでしょうが、断熱には内断熱と外断熱という二通りの方法があります。簡単に言うと、内断熱とは家の内側、つまり壁の中や床下、天井などにグラスウールや羊毛などの断熱材を詰め込むもの。外断熱とは、家そのものを断熱材で外側からすっぽりと覆うというものです。これまでの家づくりでは、内断熱が採用される比率が圧倒的に多かったのですが、最近になって外断熱のよさが認められはじめました。

私たちがおすすめしているのも、「外断熱工法の家」。冬あたたかく、夏さわやかで、健康的で暮らしやすい家です。それは「いい家とは何か」という、私たちが自らに問い続けてきた疑問への答えでもあります。

百聞は一見にしかず。まず、住みごこち体感ハウスに足を運んでみてください。外断熱がどのようなものか、あなたはご自分の五感で感じとることができるでしょう。

体感ハウスでくつろいで

 

冬あたたかく、夏さわやか 健康的で暮らしやすい「外断熱工法の家」

 

お客様の声 [福岡県築地郡 T様]

冬でも夏蒲団、本当ですよ

冬でも夏蒲団、本当ですよ

「瀧くんが中学生の頃からの長いつきあいです。立派になって、こうして家を建ててくれたんだから嬉しいですよ。私がちょっと病気をしたこともあって、『先生、冬あたたかくて、夏涼しい家をつくりましょう』ってね。本当にあたたかいんだから驚きました。私も家内もほとんど裸足で過ごしているし、冬でも夏蒲団です。本当ですよ。寒くないんだから。出かける時についつい上着を忘れるのが少々困りものかな(笑)」

 

「T様は社長の中学校時代の恩師。こわーい野球部長でした」

▲「T様は社長の中学校時代の恩師。こわーい野球部長でした」

 

 

外断熱の基礎工事


 

大切な基礎工事

しっかりした断熱を行う上で、重要なのが基礎工事。M・ZECでは、この基礎工事に重点をおいています。そのことによって建物そのものの強度も高め、地震や台風に強い家になるのです。

 

大切な基礎工事


 

基礎外断熱工法の温度分布

外断熱と内断熱の温度差を表しています。建物そのものを断熱材で覆う外断熱では、外気の影響が家の中にほとんど及んでいないことがわかります。

冬期シミュレーション

冬期シミュレーション

夏期シミュレーション

夏期シミュレーション


 

一般的な基礎とM・ZECの基礎の比較

一般的な基礎とM・ZECの基礎の比較です。鉄筋の数量が明らかに多いのに気づくと思います。
『家の強さは基礎の強さに比例します。』

一般的な公庫基準基礎

一般的な公庫基準基礎

 
M・ZECの耐圧版基礎

M・ZECの耐圧版基礎


 

コーナー部分の補強状況

コーナー部には地震時に大きな力が作用します。写真のように角部を斜めに、コンクリートを補強してより強い構造にします。

一般的な公庫基準基礎

一般的な公庫基準基礎

 
M・ZECの耐圧版基礎

M・ZECの耐圧版基礎


 

基礎工事完成の様子

床下の通風を良くするために丸いポスト基礎を多く使います。昔、お寺の床下などで遊んだ経験のある方は、床下が、夏、涼しかったことを思い出しませんか。

 

基礎工事完成の様子

 

M・ZECの体感ハウスでは、ご希望の方を対象に外断熱や工法についての講座を開いております。お気軽にお問い合わせ下さい。

勉強会についてはこちら