ページトップへ

外断熱って? | | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

外断熱について

外断熱って?

 外断熱ってなに? /内断熱ってなに?

  • 柱の外側に断熱材を張る工法を、外断熱工法といいます。

柱の外側に断熱材を張る工法を、外断熱工法といいます

 > 断熱材の施工について詳しくはこちら

 

  • 外からの施工なので、すき間を埋めやすく「高気密住宅」が実現可能です。
 エムゼックの家の気密性は、九州でもトップクラス。

断熱材で屋根から基礎まで家全体をすっぽり覆うため、外気温の影響を受けにくく一年中快適です。

   > 「高気密住宅」のメリットについてはこちら  

躯体をすっぽり包み込み、すき間がないから全然寒くないんです!

 

 

  • 躯体内結露もほとんどおこりません。

躯体内結露もほとんどおこりません

 壁内の空間は断熱材の内側にあるので、
 冷たくなりにくく、結露防止の効果が高いです。

 また、この空間の空気はマッハシステムにより
 循環しますので、水分も溜まりません。

 > ”躯体内結露”についてはこちら

 

 

  • 窓の結露対策もバッチリです。

エムゼックでは断熱性能に優れた樹脂サッシ+Low-E複層ガラスを標準仕様として採用しています。

樹脂サッシ+Low-E複層ガラス

 > 樹脂サッシ・Low-E複層ガラスについて詳しくはこちら

 

 

  • 基礎にも外断熱を使っています。

外断熱と内断熱の温度差を表しています。建物そのものを断熱材で覆う外断熱では、外気の影響が家の中にほとんど及んでいないことがわかります。

冬期シミュレーション

冬期シミュレーション

夏期シミュレーション

夏期シミュレーション

 家の強さは基礎の強さに比例します。

 > 一般的な基礎とエムゼックの基礎の比較を見る

 

 

記事一覧|外断熱について