ページトップへ

冷房と除湿はどう違う? | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

住み心地Q&A

冷房と除湿はどう違う?

宮永体感ハウスでは、本日よりマッハシステムのエアコンを稼働しました。
エムゼックのお客様もそろそろ稼働している頃ではないかと思います。
通常、夏場の冷房設定温度は26度。湿度の高い今の時期は除湿設定にしています。
 この時期によくお客様からご質問をいただくのが
冷房設定と除湿設定はどのように使い分ければいいの?ということ。
 
冷房と除湿はこんな違いがあります。

 

冷房

まず、冷房は、部屋の空気の 「温度」を下げることをいちばんに考えた機能です。
暑い部屋から熱を追い出して、 部屋を涼しくします。

 

除湿

一方、除湿は、部屋の空気の 「湿度」を下げることをいちばんに考えた機能。
じめじめした部屋から水分を追い出して、空気をさらさらにします。

湿度の高い空気をすいこみ、その空気の熱をうばって水分をとります。

そしてさらさらになった空気を部屋に送り込んでいるというのが除湿なんです。

 

ちなみに、除湿設定にも

・再熱除湿設定

・弱除湿設定

という2つのパターンがあります。

 

再熱除湿設定は、湿度は下げるけど温度はあまり冷やさないという設定。

弱除湿設定は、湿度も温度も下げる設定。

 

再熱除湿設定は、除湿・冷房設定に比べ消費電力がすこし高いので、うまく使い分けましょう。

 

雨が降って湿度は高いけど肌寒いな~という日は、再熱除湿設定がおすすめです(^^)

 

記事一覧|住み心地Q&A