ページトップへ

吹き抜けのある家について | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

家づくりQ&A

吹き抜けのある家について

 

最近では、解放感を感じることのできる吹き抜けのある家をご希望されるお客様が多くなってきたように感じます。

そこで今回は、吹き抜けのある家の良い点、注意しておくべき点についてご紹介したいと思います。

 

吹き抜けのある家のメリット

①「広々と感じさせる」

これが吹き抜けのある家の一番のメリットです。

人間は、横のスケール感と縦の高さによって空間の広さを認識します。

土地の形、家の建坪によっては横のスケール感を十分に満たすことができない場合もあります。

そういった場合、吹き抜けにし縦の高さを大きくとることで、広くゆったりとした空間を実現できます。

また、柱や梁をわざと見えるようにするのも「広く感じさせる」方法のひとつです。

天井や壁を極力排除することで「広さ」を認識するからです。

 

②家族の気配を感じることができる

キッチンとリビングを一体化させ吹き抜けにすることで、家事をしながらもご家族の気配を感じることができるのはとても便利で安心です。

お子様やご高齢のご家族に何かあった際、呼び声がなくともさっと駆け寄ることができるので、活面での不安をひとつ拭うことができます。

また、キッチンやリビングにいたまま家族と会話ができる、というのも主婦にとってはありがたいことです。

食事の際わざわざ2階の部屋まで声をかけにいく、という手間も解消できます。

 

③明るさの確保

住宅が密集した土地の場合、近隣の家に1階部分の日照を遮られてしまう可能性があります。

吹き抜けの家は、2階部分のガラス窓から日光を取り入れることができるので、昼間から電気をつけなくてはならない、という心配もなくなります。

 

 

吹き抜けのある家のデメリット

①温度差の問題

吹き抜けの家の問題点としてあげられるのが、空調についてです。

暖かい空気が2階へ逃げていってしまうため、冬は1階が暖まりにくく、夏は2階が涼みにくいということが起きてしまいます。

特に冬場は、暖房を入れども入れども上層階に暖かさが逃げてしまうので、光熱費が上がってしまう可能性もあります。

 

したがって、「吹き抜けのある家」を選択する場合は、空調機能と家自体の断熱性能が重要になってきます。

家の中で暖かい空気や涼しい空気を効率よく循環させることのできる空調機能と、それらを逃がさない断熱性能が揃ってこそ、吹き抜けの家の快適さ・リラックス感を満喫することがきでます。

>エムゼックの断熱・空調についてはこちら

 

②音の問題

メリットのひとつとしてあげた「家族の気配が感じられる」というのは、デメリットになる側面もあります。

吹き抜けの家は、音が不必要に響く可能性があるため、1階で見ているテレビの音が2階の子ども部屋まで響いたりするというケースもあり得ます。

家族の間で、生活の時間帯がずれているといった場合や、物音に敏感な方は、防音対策をするなどの注意が必要です。

 

 ③メンテナンスの問題

2階部分に相当する窓ガラスや照明の位置によっては、お掃除や電球の交換が難しくなることもあります。

吹き抜けの家を選択される場合は、建てた後のメンテナンスのことも念頭におきつつ、窓や照明の場所を決めることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧|家づくりQ&A