ページトップへ

温度のバリアフリー | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

マッハシステム

温度のバリアフリー

 

 

 入浴中の事故が最も多く起きている月は12月といわれています。

なかでもお年寄りの占める割合がとても多く、その原因は”温度差”だと言われています。

 

暖かい部屋から一変、寒い脱衣所で服を脱ぎ、さらに寒いお風呂場に入り冷え冷えしながら体を洗う。

こうした一連の動作の中により急激な血圧の変動が起こり、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの突然死に至る恐れがあるのです。この現象を”ヒートショック”といいます。

 

対策の1つとして「脱衣所やお風呂を暖かくしておく」ことがあげられます。急に寒くなったり暖かくなったりするのが危険なので家の中を均一に暖めておけば良いのです。

 

 ”バリアフリー”と聞くと「段さの解消」「手摺の取付」など目に見える工夫に注目しがちですが、こうした目に見えない”温度差”なども高齢者にとっては大きな障害となります。

 

 エムゼックの家は完全外断熱マッハシステムにより、年間を通して家中どこに行っても温度差がほとんどありません。目に見えない温熱環境による健康被害を解消することができ、「温度のバリアフリー」に関して大変安心です。

 

また、高齢者のみに関わらずこの時期に誰もが抱える「暖かいリビングから動けない」「朝布団から出るのがつらい」といった悩みも解消することができます。夏であれば、クーラーの効いた部屋に閉じこもる必要もなくなります。

 

これからますます寒くなるこの季節、是非一度体感ハウスにお越しください。

毎週土曜日に見学会を行っております。ご予約はこちらからどうぞ。

 

>マッハシステムについて詳しくはこちら

記事一覧|マッハシステム