ページトップへ

外断熱のメリット・デメリット | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

家づくりQ&A

外断熱のメリット・デメリット

Q.外断熱のメリット・デメリットを教えてください。

 

外断熱のメリット

省エネです

断熱材で建て物を外側からスッポリと多い、高い気密性を確保しています。 そのため、冷暖房の費用を大幅に節減できます。

 

住む人の健康・建て物の健康を守ります

外断熱により外気の影響を受けないため結露がおこりにくく、カビ・ダニの発生を抑えます。 また、家中の温度差が少ないため、ヒートショック防止の効果もあります。

また、室外と室内の温度差により発生する内部結露を 防ぐことができます。 構造体は常に室内環境と同じ状態がキープされるので、家が長持ちします。

 

設計上の利点

建て物全体が同じ温熱環境なので、大空間やリビング階段、吹き抜けなどの設計を選んでも、熱エネルギーのロスがありません。

エムゼックでは屋根から基礎まで外断熱なので、小屋裏の有効利用も可能になります。

 >断熱について詳しく見る

1.工法の種類(内断熱と外断熱) 2.断熱材の種類 3.断熱へのこだわり

 

 

外断熱のデメリット

建設コスト

高断熱工法は、壁面の断熱と開口部の断熱(断熱サッシやペアガラスなど)がセットで行われるため、内断熱工法に比べコスト高になります。

ただし、メリットでもあげましたように外断熱工法ではエネルギーロスを抑えられるという利点があります。

また、エムゼックではマッハシステムにより、エアコンが一家に一台で済むのでランニングコストが大幅に削減できます。

 

換気の問題

高断熱は、高気密とセットで成り立ちます。建物を断熱材ておおったからといって、家が隙間だらけでは意味がないからです。

外断熱で隙間なく建物を覆うことが外断熱工法では重要になります。

そのため、高断熱・高気密住宅では室内に空気がこもりやすくなってしまいます。

エムゼックでは、断熱・気密・換気をセットで考えており、「マッハシステム」による計画換気を採用しています。

外断熱工法とマッハシステムの組み合わせにより、室内の空気を常に新鮮な状態に保つことができ、また一年中温度が一定という環境を実現できます。

 

シロアリ被害

一般的にコンクリート基礎部分の外断熱が、シロアリの進入口となりやすいと考えられています。

エムゼックではこの問題を解消するため、基礎部のシロアリ対策を徹底しておこなっています。

シロアリ対策についてはこちらに詳しくご紹介しております。

 

 

記事一覧|家づくりQ&A