ページトップへ

どれが本当?多様な「外断熱の家」 | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

断熱へのこだわり

どれが本当?多様な「外断熱の家」

さまざまな断熱工法

近年、「外断熱」を謳っているハウスメーカーや工務店が増えてきました。

しかし、ひとくちに「外断熱の家」といっても、その方法は業者によってさまざまです。

例えば、「壁・屋根のみ」や「壁のみ」外断熱でも、一般には「外断熱の家」と認識されているのが現状です。

しかし、部分的な施工では、本来の外断熱の良さが損なわれてしまいます。

 

 


 

断熱の施工によるちがい

外断熱のメリットとして良くあげられるのが「結露がおきにくい」という点ですが、部分的な外断熱では、こうしたメリットは発揮されません。

例えば、「壁・屋根のみ外断熱」の場合、基礎から立上りのコンクリート部分が外気に触れているため、冬は床下に冷気が伝わり、部屋から床下へと伝わった暖かい空気と触れることで、結露が起きてしまいます。

そうなると、見えないところで躯体の傷みが進んでしまうのです。床下に冷気が伝わるということは、室内の床も冷たくなってしまいます。

 

 


 

外断熱を選択する前に

断熱材の性能は厚さに比例します。

しかしながら、薄い断熱材を用いても、厚い断熱材を用いても、同じ「外断熱の家」として認識されているのが現状です。

せっかくこだわって「外断熱の家」を選択したのに、外断熱の良さが発揮されないのはとてももったいないことです。

「外断熱の家」をご検討の方は、「どこまで外断熱なのか」「どんな断熱材を使っているのか」といった点に注目していただくのも、ひとつの業者選びのポイントになるのではないでしょうか。

記事一覧|断熱へのこだわり