ページトップへ

吹き抜けのある家は温度差がある? | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

住み心地Q&A

吹き抜けのある家は温度差がある?

 Q.吹き抜けのある家は、冬は1階が寒く、夏は2階が暑いと聞いたのですが、本当でしょうか?

 

家の中を広々と感じさせ、開放感のある吹き抜けのある家ですが、質問にもありますように注意すべき点があります。

 

吹き抜けの家の問題点としてあげられるのが、空調についてです。

空気には、冷たい空気は下にたまり、暖かい空気は上にたまるという性質があります。

そのため、暖かい空気が2階へ逃げていってしまうので、冬は1階が暖まりにくく、夏は2階が涼みにくいということが起きてしまいます。

特に冬場は、暖房を入れども入れども上層階に暖かさが逃げてしまうので、光熱費が上がってしまう可能性もあります。

 

したがって、「吹き抜けのある家」を選択する場合は、空調機能家自体の断熱性能が重要になってきます。

家の中で暖かい空気や涼しい空気を効率よく循環させることのできる空調機能と、それらを逃がさない断熱性能が揃ってこそ、吹き抜けの家の快適さ・リラックス感を満喫することがきでます。

 

エムゼックでは、マッハシステムという換気・空調システムにより、1年を通して家中の温度が一定という温熱環境を実現しています。

 

1階と2階に不快な温度差が無い”その仕組みについてはこちらをご覧ください。

 

 

記事一覧|住み心地Q&A