ページトップへ

「紙」で出来た万能和紙畳 | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

暮らしの中の工夫

「紙」で出来た万能和紙畳

 

ライフスタイルの変化から、最近では本格的な和室を設ける家は年々減少傾向にあるようです。

しかし、畳コーナーを設置するお家は多く、現代の暮らしに合わせた和の空間が登場してきています。

そこで今回は、エムゼックの体感ハウスで使用している「紙」で出来た畳をご紹介したいと思います^^

 

 

「和紙畳」って?

和紙畳というのは、イ草のように細かくした和紙を丁寧に編み込んでつくられています。

普通はイ草が畳の材料となりますが、イ草の表畳よりもさらに耐久性にとんでいます。

 

和紙畳の特徴

変色しにくい

日焼けによる色あせや、家具の配置を変えたときにできる変色がほとんどありません。

汚れにくい

水ぶきで掃除ができ、飲み物や食べ物をこぼしても簡単に拭き取れるのでシミ汚れになりにくいです。

耐久性が従来のイ草の約2~3倍

丈夫さから縁なし畳の加工にも適しています。

また、対摩擦性が高く、イグサのカスが衣服につかないなどのメリットもあります。

防ダニ、防カビ効果 
従来の畳より小さいサイズからあり、カラーバリエーションも豊富

リビングの一角に小さな畳コーナーをつくるだけでも、和のくつろぎ空間を実現でき、インテリアとしてもお楽しみ頂けます。

 

事務所体感ハウスにもちょっとした和紙畳コーナーを設けておりますので、ご興味のある方はこちらからお問い合わせください^^

記事一覧|暮らしの中の工夫