ページトップへ

暖房器具選びのポイント | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

暮らしの中の工夫

暖房器具選びのポイント

 

冬場には欠かすことができない暖房器具。

最近では様々な暖房器具が登場しており「どれを選べばいいかわからない・・・」という方も多いようです。

冬の暖房器具のうち、電気を熱源として暖房するものとして、エアコン、ファンヒーター、、電気ストーブ、オイルヒーターなどがありますが、みなさんはそれぞれの違いがわかりますか?

そこで今回は、暖房器具のそれぞれの特徴についてご紹介したいと思います。

 

暖房器具の特徴について

対流式暖房:温かい空気を循環させる暖房方式

「エアコン」「ファンヒーター」などが代表的。多くのご家庭でメインの暖房器具とされているのではないでしょうか?

短時間で部屋全体を暖めることができ、輻射式暖房と比べて経済性が高いです。

 

エアコンの特徴

リビングなどの広い空間を短時間で暖めたい場合に向いています。

また、暖房器具の中で最もエネルギー効率が良い。

ただし、床や壁などを暖める能力は低いため、コタツや電気カーペットと併用することでより暖房効果が高まります。

 

ファンヒーターの特徴

狭い空間全体を暖めたい場合に向いています。

ただし、灯油特有のにおいがすることと、空気が汚れるため定期的な換気が必要です。

また、灯油やガスを燃料にした暖房器具は水分が出るため、結露がおこりやすいです。

 

輻射式暖房:遠赤外線でじんわりと暖める暖房方式 

「電気ストーブ」「オイルヒーター」「床暖房」「蓄熱ヒーター」「石油ストーブ」などが代表的。

 暖房器具から出される赤外線にあたっている部分はすぐにあたたかくなりますが、部屋全体を暖める能力は対流式より弱いです。

 

 電気ストーブ

トイレや脱衣場など、一時的に暖房が必要な場所で短時間使用する場合に向いています。

基本的にはスイッチを入れてすぐに暖まる上、燃焼を伴わないため部屋の空気も汚れません。

ただし、消費電力が大きいため、あくまでも主要暖房はエアコンや灯油・ガス式暖房器具を使い、短時間の利用に使うのが適切です。

 

オイルヒーター

高い安全性と空気を汚さないという特徴から近年人気が高まっています。

特に、高気密住宅との相性が良い暖房器具です。

部屋全体をあたためるスピードが他の暖房器具より遅く、電気代も比較的高いことから、狭い空間を暖めたい場合などに適しているといえます。タイマー機能などを利用すればそれなりに電気代を抑えることも可能です。

 

床暖房

床面が温かいことにより体感温度を高く感じるというメリットがあります。

一方で、工事費などのコスト、メンテナンス費がかかるというデメリットがあります。

 

蓄熱ヒーター

割安な深夜電力を利用するため効率性が高い。

ただし、重量があるのと、サイズが大きいため場所をとってしまうというデメリットがあります。

 

石油ストーブ

広い部屋での暖房に適しています。

石油のみを使った暖房ですので停電時も利用が可能というメリットがあります。

ただし、燃焼を伴うため空気の入れ替えなどが必要になります。また、灯油の補給を定期的に行う必要もあります。

直接燃焼していることから触ると火傷をする危険性が高く、とくに小さな子どもやペットなどがいるご家庭ではしっかりとした安全対策も講じる必要があります。

 

 

暖房器具選びのポイント

冬の暖房器具選びは、まずはそれぞれの暖房器具の特徴と適切な場所知ることが大切です。

 

なぜなら、使用する場所によって電気代が高額になる場合があるからです。

例えば、広い部屋を暖めようとしてファンヒーターを強風設定で長時間使用した場合、電気代は高額になってしまいます。

 

 そうならないためにも、まずは空間全体を長時間暖めたいのか、人がいる場所をピンポイントで暖めたいのか、

空間全体を暖める場合は広い空間なのか、狭い空間なのか、といったように

暖め方と暖めたい場所の広さにより適切暖房器具を選ぶことが冬の暖房器具選びのポイントといえるでしょう。

 

 暖房器具を選ぶ際の参考にして頂ければと思います^^

 

 

記事一覧|暮らしの中の工夫