ページトップへ

壁紙の種類-室内編- | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

暮らしの中の工夫

壁紙の種類-室内編-

 

一般的に使用されるビニールクロスだけでもかなりの種類がありますが、漆喰や和紙の壁紙、タイルなどを部分的に取り入れるだけでも部屋の印象は大きく変わってきます。

今回は壁の種類について、それぞれのメリットや注意点をご紹介していきたいと思います。

 

ビニルクロス

日本でもっとも普及している壁紙で、普及率は9割程とも言われています。 クロスの中にはグレードがあり、価格に応じて見た目の豪華さや手入れのしやすさ、耐久性なども変わってきます。

メリット

・商品のバリエーションが豊富(塗り壁調、織物調、木目調、レンガ調、コンクリート調など)

・多機能(防火性、防カビ、消臭、抗菌、汚れ防止など)

・施工がしやすいため、施工費が安い

デメリット

・年数が経つと剥がれなどが生じやすい

・部分的な補修が難しい

・本物の素材感を味わうのは難しい

 

紙壁紙

和紙の原料となる楮や再生パルプなどを原料にした紙の表面に柄を印刷し、裏打ち紙を貼り合わせたもの。ヨーロッパやアメリカなどから輸入されるものが多いようです。

メリット

・バリエーションが豊富

 

デメリット

・施工が難しく、ビニルクロスに比べ高価

・紙なので、湿気を吸収しやすく、汚れやすい

 

布クロス

木などからとれる繊維や、綿、麻、絹などを編み込んだ織物や不織布に紙を裏打ちしたもの。

普及率は1%にも満たないが、自然素材で、高級感を演出することもできる。

メリット

・自然の繊維のため、吸放湿性有り。

・高級感、素材感が楽しめる

・破れにくい

デメリット

・施工が難しく、一般的に価格が高い

・汚れが落ちにくい

・防火性を備えたものが少ないため、施工箇所が限られる

 

タイル壁

メリット

・バリエーション豊富

・耐火性有り

・部分的に施工ができ、他の壁材と組み合わせることが可能

・メンテナンスがしやすく、長持ち

デメリット

・タイルが剥がれる可能性がある

・施工や材料に費用がかかる

・タイルによっては汚れが付きやすく、掃除が難しいものもある

 

漆喰

消石灰を主成分とする塗り壁材。

メリット

・カビが発生しにくい

・調湿性がある

・クロスに比べ長持ち

・不燃性材料なので防火性有り

デメリット

・施工に技術が必要のため、施工費が高くなる

・工期がかかる

・地震などによってヒビが入る可能性がある

 

珪藻土壁

珪藻土を糊などの合成樹脂で壁に固着させて施工します。

メリット

・調湿機能有り

・不燃性材料なので防火性有り

デメリット

・擦れなどに弱く、補修が困難

・汚れが付きやすく、掃除が難しい

 

記事一覧|暮らしの中の工夫