ページトップへ

高断熱高気密住宅で変わる暮らし | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

家づくりQ&A

高断熱高気密住宅で変わる暮らし

 

エムゼックの家に住むと・・・

 

-冬場になると、いつも窓回りがビショビショでカーテンにカビが・・・
なんてことがなくなります。
 
-外気に左右されない室内。
冬、朝起きてさむい・夏、蒸し暑くて眠れないといったことがなくなります。
 
-電気代を気にして、エアコンをつけたり消したり。
なかなか空間が冷えないor暖まらない・・・という悩みはなくなります。

 

 

 

冬場、窓の結露は仕方ない?

空気中の水蒸気が”ある温度”以下になると気体でいられなくなり水滴となって出てくる現象を「結露」といいます。

冬の場合、窓ガラスは外気によってとても冷やされています。

逆に室内は暖房などで暖められています。

室内の暖かい空気が冷えた窓ガラスにぶつかると冷やされ、空気中の水蒸気が水滴となって窓ガラスに付着するのです。

こういった理由で、冬の窓は結露しやすいといえます。

つまり、窓の結露を防ぐためには室内側の窓ガラスを外気によって冷やさないことがポイントになります。

    

この窓結露を防ぐために有効なのが樹脂製のペアガラスサッシ。

フレームは樹脂製、2枚ガラスでできています。

 樹脂はアルミフレームに比べ熱を通しにくい素材。熱伝導率はアルミの1000分の1です。

2枚ガラスの間にある空気層によって外の空気を室内に伝えにくくしています。

この樹脂製ペアガラスサッシを使用することで、窓結露を発生させにくくさせることができます。

 

 

家の中が暑い寒いのは仕方ない?

家の中の温度が外気に左右されてしまうのは、断熱・気密性能に問題があります。

断熱・気密性能を高めるためには、断熱材を隙間なく施工することが大切です。

隙間なく施工するために有効とされるのが外断熱工法。断熱材を躯体の外側にはっていく施工ですね。

 

その理由は内断熱工法と比較すると歴然です。

 

内断熱工法

  

壁内に断熱材をしきつめる内断熱工法。壁内にはコンセントBOXや電気配線があるため、

それを避けながらの施工となるとどうしても隙間ができてしまいます。

 

外断熱工法

  

写真のように、コンセントBOXや配線などに影響されず、平面に隙間なく施工することができます。

隙間がない施工により、外気が室内へ入ってこないので躯体内結露も防ぐことができるのです。

 

 また、断熱・気密性能を高めることによりエアコンの効きも大きく変わります。

 断熱・気密性能を高めるということは外気の侵入を防ぎ、室内の空気が外へ逃げることを防ぐということ。

そのため冷暖房器具の効きが格段によくなります。

エアコンを消すとすぐに室内が暑くなってしまう・・・というのは断熱・気密性能が低いから。

断熱性能の高い住宅では、エアコンを強運転でフル稼働させずとも、涼しい空間を持続することができるので

エアコンの消費電力もぐっと抑えることができます。

記事一覧|家づくりQ&A