ページトップへ

水回り設備品の替え時 | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

住み心地Q&A

水回り設備品の替え時

Q.水回り設備品の買い替え時はいつ?

 

お風呂やキッチン、トイレ、洗面化粧台などの設備品の目安は、設置後およそ10年~20年が目安です。

ただし、製品自体の耐久性や、使い方によって変わってきます。

 

また、設備機器は年々進歩しているため、製品を変えることで暮らしがより便利に快適になる場合もあります。

 

例えば、トイレひとつを見ても、節水機能・節電機能は10年前のものと格段にかわってきています。

そういった場合は、壊れていなくとも買えた方がむしろお得・・・という場合もあります。

 

設備品が壊れてしまったというだけでなく、今の使い勝手に不満がある、もしくは今の暮らしを変えたい、と思った時が設備品の替え時ともいえるでしょう。

 

 

 

 

記事一覧|住み心地Q&A