ページトップへ

オール外断熱で人も住まいも健康に | 家づくりの技術 | 注文住宅を大分で建てる工務店M・ZECエムゼック

断熱へのこだわり

オール外断熱で人も住まいも健康に

 

エムゼックの家の最大の特徴は、床下も小屋裏も、リビングや寝室などの居住空間と同じ環境にあることです。

それは、住む人の健康にとって良いだけでなく、構造躯体や設備にとっても良い環境であり、ダメージを少なくすることができます。

 

高温多湿な日本の夏、少しでも住む人がジメジメとした蒸し暑い夏を過ごしやすいように、また、家の土台や柱などが腐らない様にするため、古くから日本の家は床を高く、窓は大きく、間取りは風通しを第一に考えてつくられてきました。

その結果、夏過ごしやすいかわりに、冬は寒さを我慢しなくてはならない家になってしまいました。

 

現在では断熱・気密化が進み、冬暖かく・夏涼しい家が多くつくられるようになってきましたが、断熱性能が高まるほど、家の中に少しでも温度差があれば、その部分に結露が発生しやすくなります。

 

しかもそれが、目に見えない床下や壁の中などで発生し気づかぬまま放置しておくと、家の耐久性に大きく影響を及ぼすことになってしまいます。

 

▲屋根裏での結露により、木材が腐食してしまった例

 

結露対策を怠れば、温度差で結露が発生し、カビやシロアリ・ダニの発生を促し、木材の腐朽や家族の健康を脅かす恐れがあります。

 そうならないためには、エムゼックでは、家の中で大きな温度差が発生しないよう基礎から屋根までのオール外断熱を徹底しています。

 

床下や壁の内側、小屋裏も室内と同じ環境で、さらに次世代全館空調「MaHAtシステム」により家の隅々まで変わらない温湿度環境を実現しています。

夏、床が湿気でべたつくこともなく、冬は床暖房がなくても、床下と居住空間に温度差がないため、個人差はありますが素足でもヒヤっとした感覚がありません。

 

ジメジメした今の季節だからこそ、エムゼックの住み心地を、モデルハウスにて肌で体感していただきたいと思います。

お問い合わせはこちらより受け付けております^^

記事一覧|断熱へのこだわり